樹脂デッキ、人工木デッキのお手入れ方法について

0120-947-575

ホーム > お手入れ方法

お手入れ方法

 

人工木の特性をご理解下さい

①伸縮性について

人工木は樹脂をを含んでいますので、ご使用には差し支えない範囲で多少の反りや伸縮が出る場合があります。また取付後の経年劣化によっての反りが発生した場所に雨水が溜まる場合がありますが、製品性能に影響が出る事ないようです。

 

②デッキ表面の色について

人工木は天然の木粉を使用してますので、製造工程上多少の色のバラツキはありますし木粉と表面に塗装してある顔料が紫外線の影響を受けて、設置後の初期段階で多少の色変化があるようですが、時間の経過にともなっておさまってきて色がなじむようになります。雨シミが出る事もありますが、その時はデッキ全体にお水まく事で目立たなくなります。ただし、鉄製の空き缶や錆びやすい置物などをデッキに直接置くことによって、錆跡が残ったり、木粉と鉄分が化学反応を起こして黒っぽいシミが残る可能性がありますので、デッキに直接置くことは避けた方がいいでしょう。メーカーによる研磨処理を行ってから出荷されますが、より深い木の風合いを醸し出すために順目・逆目がありますので見る角度によって色が違って見える場合あるようです。

 

③汚れ、カビなどについて

ご使用の状況にもよりますが、足跡や土汚れ、雨シミなどの汚れが目立ったり、天然の木粉を原料に含むことでカビ(黒っぽい斑点)が発生する場合があります。製品上には影響は無いようですが、そんな時には水洗い(汚れがひどい場合には台所用中性洗剤と一緒に)や市販のサンドペーパーで研磨除去する事をおすすめします。当然ですが、色の薄いデッキ材の場合はより汚れが目立ちます。屋外、屋内に限らず日ごろのお掃除が大切ですなのは変わらないですね。

 

④その他

各メーカーによって異なりますが、デッキ材は芯材部と表面材とで材質が異なりますので、断面上色が異なります。また経年劣化にに伴い、表面材の着色用顔料がはがれて衣類や洗濯物に付着する場合がありますので、はがれている事に気付いた時には濡れ雑巾などでふき取るようにした方が良いでしょう。いずれの場合もデッキ本体の製品上の影響は無いのですが、キズや汚れを取り除く方法として先程記載したサンドペーパーでの研磨(サンディング)をすれば元の色合いに戻る事が多いようです。あと、樹脂の特性として歩行などの摩擦から静電気が発生する事があります。

 

樹脂デッキのお手入れ

日常お使いになれば、土足による土汚れや靴跡、雨シミ、おくつろぎ中のコーヒーやジュースなどのこぼしジミ、空中に舞っているカビの付着による黒っぽい斑点、キズや焦げ跡、小さなお子様の悪気のない落書きなどなど、汚れが目立つようになりますが、そんな時には以下のようなお手入れでかなり頑固な汚れも取り除くことができます。より長く、より綺麗にお使いいただく為にご紹介します。

①            ②           ③           ④           ⑤           ⑥

水洗い     中性洗剤使用     漂白剤使用     木材洗浄剤使用     高圧洗浄使用     サンドペーパーしよう

 

:ほこりや靴跡、雨シミにはまず水洗いによる洗浄をして下さい。汚れ具合によってはデッキブラシやたわし使って長手方向に沿って水洗いして下さ

い。最後に水をふき取る方が良いでしょう。

:お飲み物のこぼれジミには台所用の中性洗剤を使って①と同じ要領で洗浄すると効果的です。

:カビによる黒っぽい斑点の場合は、次亜塩素酸系の漂白剤(カビキラーなど)をその漂白剤の使い方に沿って行ってください。漂白剤洗浄時の水洗

いはしっかりと行って下さい。それでも取れない場合はもう一度行ってください。※枯れの原因になりますので近くに植物が無い事を確認する必要

があります。劣化の原因になるのでシンナーやベンジンなどの有機溶剤や強酸・強アルカリ性の洗浄剤は使用しないようにして下さい。

:錆シミに市販の木材洗浄剤で①同じ要領で行う。

:広範囲のほこりや薄汚れには高圧洗浄機で、こちらも長手方向に向かって洗浄するとよいでしょう。最後はよく水をふき取りましょう。

:キズや焦げ跡、頑固な汚れには市販のサンドペーパー(商品によりますが40番から60番がいいとおもいます)を使って長手方向に削って、最後に

水洗いと水拭きを行って下さい。

 

お手入れの頻度について

天然木のお手入れは1~2年の頻度で市販の防腐剤や塗料でのメンテナンスが必要になりますが、人工木のお手入れは日常の掃き掃除と水洗いでかな

り効果があると思われます。汚れが目立つ場合でも通常どこのご家庭にもある洗剤や漂白剤(カビとり剤)で取り除けますし、高圧洗浄機はホーム

センターなどで借りる事もできますし最近ではお車の洗浄用としても人気があります。サンドペーパーの要領についても特に技術が必要なわけでも

ありませんしこちらも市販品サンドペーパー研磨用の補助器具を使うと比較的楽に行えます。こうなったらこうしなさい、といった明確な洗浄基準

はありませんが、お部屋のお掃除と同じ感覚でとらえて定期的にもしくは汚れが目立った時に、気が付いた時に洗浄すると良いのではないかと思わ

れます。

 

 

 


PAGE TOP

0120-947-575 メールで問い合わせる